「カフェの店員」の仕事内容とは?

最近人気があるカフェ店員

様々な地域に多くなっているおしゃれなカフェで勉強したり、ちょっと休憩したり、カフェオススメのパンケーキを頂いたり、ラテを楽しむなどカフェの利用者が多くなっています。

カフェではおしゃれな空間の中でおしゃれな制服を着た店員さんが働いていて、こうした素敵なカフェで、アルバイト、パート、仕事をしたいと思っている人も少なくありません。

サービス業、接客ということで慣れれば誰にでもできる仕事といえますが、癒しの空間の中、お客様に満足していただける接客となるように、カフェ店員の方々は工夫され、毎日努力されています。

では実際にカフェ店員の方々が毎日どのような仕事をされているのか、また仕事をするうえで資格やスキルが必要なのか紹介します。

カフェで働く店員さんたちの仕事

カフェ店員さんはホール、キッチンという二つの仕事があります。
ホールの中で注文を取ったり、清算を行ったり、お客様が来店する前にお掃除等も行うのがホールの仕事です。

メニューを聞いたらキッチンスタッフに伝えて注文したメニューが出来てきたらお客様に運びます。
注文は伝票に書いてお客様がお店を出る時にレジ打ち、代金を受け取ります。
テーブルの跡片付けなどもホールの仕事です。

キッチンでは開店前の仕込み、利用する材料の下準備を行います。
お店が開いてからは皿洗い、片付などを行い厨房内をきれいにすることも大切な仕事です。
キッチンも経験していくとメニューを決める、仕込を行うなど主軸の仕事を任されるようになります。

アルバイトから店員となるためには?

カフェ店員になるために資格や経験などは必要なく、未経験でも仕事させてくれるところが多いです。
店舗によってですが、バリスタ、調理師などの資格保有者を募集することがありますし、持っていると有利になるということもあります。

しかしカフェの仕事などについては、経験の中で培っていくもので特に資格など必要なく、中でしっかりと仕事を覚えていけば問題ありません。

ホール担当の場合、お客様に対応する時間がありますので、コミュニケーション能力またおもてなしの心をもって接することが必要です。
求人をみて、ホール担当とかキッチン担当と書かれていない場合、両方担当することが多いので、求人の内容をよく見ることが必要です。