「保健師」の仕事内容

保健師とはどういう仕事をしているのか

看護師というと私たちにとって病院などでお世話になる事が多いので、非常に身近な存在ですが、保健師というとどういう仕事を行っているのか?正直分からないという人も少なくないと思います。

保健師の仕事は、人々が病気になる事を予防する仕事、また心身共に健康に日常生活を送る事が出来るようにサポートするという仕事です。

医師、看護師は病気やけがの治療、精神的疾患の治療を行いますが、保健師は病気、けがなどの予防、健康増進についての役割があります。
幅広い年齢層が対象となり、赤ちゃんから高齢者まで対象として様々な仕事を行っています。

病気などを早く発見すること

糖尿病予備軍などの言葉をよく聞くようになりましたが、健康診断などでその結果から病気になる可能性をみつけ、予防策を興じるのも保健師の仕事です。

このままいけば病気になるかもしれない生活上のリスクをみつけ、食事の指導、また生活習慣の指導などを行います。
病気を未然防ぐ、未病という状態から病気にしないということも保健師の重要な役割なのです。

一般の方々への保健指導もある

病気などになっていない健康な方々について、これから先、健康を害することがないように、日頃から運動を行う、食事に気を使うなど健康指導を行う仕事も保健師の仕事です。

健康に関する情報を世間に広めるということも大切で、例えば今流行している感染症等の病気があれば、その予防策や対策、なってしまった場合、医療機関に行くことが必要になる等、病気を広げないための指導、相談等も行います。

また小さいお子さんがいらっしゃる保護者の方にとっては、お子さんの発達が遅い?と感じることもあり、病気なのか?何か足りないのか?と相談に来られることもあります。

こうしたお子さんに対しての健康相談や成長についての相談などを受けることも、保健師として多くなっているようです。

保健師の仕事の場は広がっている

保健師の仕事の場所は、地域の保健所、市役所などで働く行政保健師という立場、また企業の医務室、健康相談室で働く産業保健師、また学校の保健室、養護教諭として働く学校保健師という立場での働き方があります。

最近はいじめの問題などがあり社会人も子供たちもいじめに悩み保健師に相談するという方が多くなっているようです。
そのため、保健師の役割は非常に大きくなっています。

また職種の広がりも大きくなっているので、これから先、さらに保健師が活躍できる場所は多くなっていくことが予想されます。