「保育士」の年収とは?

保育士の年収や初任給を知りたい

どんなに小さいころから夢見てきた職業でも、やはり仕事をするということは生活するために行うことなので、お金の事が気になります。
趣味として仕事をしているという場合もありますが、通常、みなさん家族を抱え、また自分の生活のために仕事されますので、お給料は高い方がいいはずです。

保育士はお子さんを預かり、愛情をこめて保育を行う仕事です。
はたらくお母さんたちの強い味方になる保育士ですが、小さい頃から保育園の先生になりたいという夢を持っていた人も少なくないでしょう。

保育士のお給料は公立か私立か、また地域によっても違いがあります。
初任給に関しては一般的に18万位といわれていますが、これも地域性があり、16万位という所もあります。
一般的に、保育園が多い都市部はお給料が高くなる傾向にあるようです。

勤務年数によってもお給料に違いがあります。
経験を積むとその分上がりますが特に公立の場合、年数によって昇給がありますので、着実に上がっていくはずです。

私立の場合、その保育園独自の考え方があるのでどういった形で昇給していくかそれぞれです。

お給料は厳しい状態?

保育園によって違いがありますが、子供の人数が減っているということもあり、地方は保育園の経営が厳しいといわれている所もあります。
逆に都市部に行くと保育園が足りない状況で、ニュースにもよく出てきますが、待機児童問題は大きな社会問題となっています。

お給料については都市部の方が高いということ、プラス、私立保育園などではボーナスの額も、地域差があるようで、東京都内と地方、田舎の方を比較すると10万、20万以上の違いがあるという所も少なくありません。

公立保育園の場合、地方公務員の制度によって決まっているので、昇給、ボーナス共に順当で、安定しているといえばやはり公立保育園なのかも知れません。