「介護福祉士」の仕事内容とは?

高齢者が多くなっている日本で重要な「介護福祉士」

少子高齢化が叫ばれるようになって、介護に関係する仕事は非常に多くなっています。
日常生活が困難な高齢者、また障害をお持ちの方に食事、入浴、排せつなどの介護を行うのが介護福祉士の仕事です。

介護福祉士の仕事はこの介護を行うということ以外でも、介護が必要な被介護者のご家族から悩みを相談されたり、介護について意見を求められるということもあります。
そのため、介護の知識、技術共に専門的であることが求められます。

介護福祉士の試験は難易度が高いといわれていて、介護、福祉系の専門学校で学び資格取得に励む方も少なくありません。

介護の仕事をする人たちを、施設によってはケアワーカー、ホームヘルパーなどと呼ぶことがありますが、介護福祉士は名称独占資格で介護福祉士の資格を持っている人以外、この名称を使用して仕事を行う事が出来ません。

介護福祉士の仕事は身体介護、生活援助、相談・助言、社会活動支援

介護福祉士の仕事は大きく四つに分けることができます。
一つは身体介護、介護福祉士の仕事の中でも主軸となる現場の仕事です。
入浴、食事、排せつ、清拭や歯磨き、洗顔などの衛生管理、こうした身体介護は介護福祉士にとって主軸の仕事となります。

生活援助は食事、選択、掃除、必要な買い物など日常的な家事全般を援助するものです。
在宅介護をされている方にとって家事援助は必須です。
掃除、その他調理の仕方などは、その家によって違いがあると思いますので、しっかりとコミュニケーションをとって援助が必要です。

介護を受ける方、被介護者以外、ご家族にとても介護についての悩みは尽きません。
生活、介護に関する悩みを被介護者、またご家族から相談を受ける助言・相談の仕事も欠かせない仕事です。

社会活動支援は、被介護者が孤立する事が無いように家族や近隣住民とよい状態となるように支援します。
地域サークル活動に積極的に参加するなど、利用者が生きがいをもって楽しく生活できるようにサポートします。