「看護士」として働くために

病気やけがをされている患者さんに寄り添う看護師

看護の仕事は多岐にわたり、時に人の死に直面することもありますので、非常に大変な仕事ですが、非常に尊くやりがいのある仕事です。
体力的にも精神的にも辛い時がありますが、人の命を救うサポートをしっかりこなすのが看護師です。

看護師というのは昔から憧れの職業ですが、仕事がきついですし、結婚、出産をされてから別の職に就く方もあり、常に需要の方が供給よりも勝っているという状態です。

しかし看護師という尊い仕事に夢を持ち、看護師になりたいと希望し頑張っておられる方も多いです。

看護師になるルートを覚えておこう

看護師になるルートは、まず高校から専門学校を3年終了し、看護師国家試験を受けて合格して病院等に就職するという方法、また高校から看護系短大に3年学び卒業し、看護師国家試験を受けて働くという方法、さらに看護系大学から国家試験を受けて看護師になるという方法があります。

看護師は看護師養成の専門教育が必須で、この教育を受けていない人は国家試験を受ける事が出来ません。
看護師養成の専門教育を受けて初めて看護師国家試験を受ける資格を得られ、合格してから厚生労働大臣によって看護師免許が交付されます。

看護師養成の専門教育を受けることができる学校とは

看護の為の深い知識、医療の知識が必要となってきますので、看護師になるためには看護師養成の専門教育を実施している学校を卒業しなければなりませせん。
以前は専門学校に入る方が多かったのですが、現在はチーム医療の中の看護師としてい医療知識、高度な学力を持ちたいといことで、看護大学を目指す方が多くなっています。

看護大学は保健師、助産師の養成カリキュラムについても並行して学ぶことができるため、看護師資格を取得してから専門教育機関にいかずとも保健師、看護師になれるので看護大学に行く人が多くなっているのでs、

最近は看護専門学校の中でも、保健師や助産師の国家資格について、受験資格を得る事の出来る4年制カリキュラムを持つ学校も出てきています。

将来、看護師として働くのか、それとも保健師や助産師という可能性もあるのか、先を見据えて学校を選択する必要があります。
看護大学も看護専門学校も、高度な知識、技術が必要となる教育機関となりますので、入試が難しく、予備校などに通ってから受験される方もいます。

看護師の就職先は広がりを見せている

介護の分野にも看護が関わってくることが多いので、看護師の需要は前にもまして高いものとなっています。
また介護の分野のほかにも、企業内クリニックなどの病院とはまた違う場所に職場が出てきていますので、かなり幅広くなっています。

福祉施設、また訪問看護なども高齢化に伴い多くなっていますので、看護師の仕事、需要はこれから先非常に高くなっていくことが予想されます。