「調剤薬局事務」の資格について

調剤薬局事務の仕事ってどういう仕事?

最近はお薬を病院外で受け取る事になっているので、調剤薬局が多くなったと感じている方も多いと思います。
この調剤薬局で、事務系の仕事をされている人が、調剤薬局事務で調剤報酬請求事務を主な仕事としています。

専門的な技能が必要になりますし、医療系の専門用語などもある程度理解していることが必要となってくるので、資格がなければはたらくことが出来ないという仕事ではありませんが、資格を持っている方が転職、就職、復職の際にも有利です。

家事育児と両立し、家庭に支障が無いように仕事をしたいという時、パートやアルバイトなどの雇用が多い調剤薬局事務の仕事は最適です。
自分の条件に合った仕事が出来れば、家庭に支障をきたすこともありません。

調剤薬局事務が扱うのは薬剤分野のみ

調剤薬局事務の資格を取得される場合、やはり専門知識などを学ぶことになりますが、調剤薬局事務が扱う分野は、医療関連の入院や処理、手術など医療事務系の資格で扱う部門がありません。

薬剤ということについて特化した専門知識を保有すればいいので、学習範囲が限定され難易度についてもそれほど高くないのです。
医療系の仕事をしたことないとか、こうした専門知識が全くない未経験者ということでも、調剤薬局事務の資格ならしっかりと学ぶことで突破できると思います。

レセプトに関しては記憶するというよりも正確に処理するということが求められるので、難しく考えることはなく、少しずつ勉強していけばいいのです。
実務でも必要に応じて資料などをみながら作業を進めるので、受講中に関しても暗記などは必要なく、薬剤についての知識を付けていくだけです。

午前中はたらいて、午後はお休み等も大丈夫

調剤薬局はパート、アルバイトで働く人が多いので、通常、自分が出勤できる時間帯をパート仲間と一緒に決めていくというスタンスが多いようです。
そのため、あらかじめスケジュールを組んで、前もって決めておけば、学校行事や病院に行くなどの際、無理に休みをもらうということもないのです。

水曜日と金曜日、土曜日のみとか、月曜日と木曜日と金曜日のみなどの、好きな曜日で働くこともできますし、時間も条件に組み込むことができるので、自分時間で働くことができ、ストレスが少ない働き方です。

調剤薬局事務の仕事場はどこがある?

基本的に調剤薬局での勤務となりますが、ドラッグストアなどでも今調剤薬局を持っているところがありますので、ドラッグストアでも働くことができます。
また医療機関でも調剤薬局を併設しているところがあるので、そういった所でも教があります。

病院の医療事務に転向される方もいますが、その場合、薬についての知識を持っているので役立てることができますし、何より調剤薬局事務は、医療事務系の資格同様、全国どこに行っても雇用があるという便利さがります。