取得しておけば安心「ファイナンシャルプランナー」の資格

最近よく聞くファイナンシャルプランナーとは?

最近、雑誌やインターネットサイトでも、ファイナンシャルプランナーという言葉をよく聞くことがあります。
この仕事は、略されてFPと呼ばれることもありますが、税金や保年、年期などの私達にかわかるお金のことについて、広く深い知識を持った専門家です。

この先どんなふうに暮らしていきたいのか、この先どのくらいの試算が必要となるのか、その課程の状況を確認し、ファイナンシャルプランニングを行っていく、お金のプロともいえます。

企業内で働くということもできますし、独立してお金のことに関して相談に乗る等、開業も夢ではない仕事です。
最近はこのファイナンシャルプランナーの資格を持っている人を雇用したいという企業も多く、幅広い業種に雇用があるので、転職や就職という面でも注目の資格なのです。

様々な分野で活躍できる魅力あるファイナンシャルプランナー

例えば不動産業界では不動産取引に関する法律や税金などについて相談に乗ったり、ローンを組む際の決め方などを考えたりします。
金融機関の中では貯蓄、債券、株式など金融資産を運用する相談など活躍できます。

住宅メーカーでは、不動産に関するローン等利用する金融を考えることに相談業務がありますし、その他、年金などに関しては保険会社などにも就職口があります。

こうして考えてみると、ファイナンシャルプランナーというのは非常に幅広い雇用先があり、最近こうした雇用先以外にも、ファイナンシャルプランナーの資産運用などの力を仕事の中で発揮してほしいという所が多くなっているのです。

知識を得て職場内でスキルアップしていく事にも利用できる

今いる職場内でキャリアアップしていきたいという時にも、ファイナンシャルプランナーの資格取得が役立ちます。

知識をより専門的にするためにファイナンシャルプランナーの資格を取得し、仕事中で提案、アドバイスなどの業務ができるようになります。
お客様からの相談に専門知識をもって対応できるので、信頼度も高くなるでしょう。

【ファイナンシャルプランナーの資格が役立つ仕事】
勤務先が東京都の金融機関の求人一覧|テンプスタッフ
勤務先が東京都の不動産関連の求人一覧|不動産キャリア