「医療事務」の資格を取ってみよう

医療事務系の資格は復職にも有利

医療事務の仕事は資格がなければできないという資格ではありませんが、医療事務系の資格を持っている方がより転職、就職、また復職についても有利になります。
>>http://shikakuu.com/medical_coding/about.html

病院の受付、診療費用の計算となるレセプト業務、さらに患者さんへの対応等、患者さんが病院に来て最初に話をするのもこの医療事務系の方となりますので、病院の顔ともいうべき職業です。

医療事務系の資格が今人気となっているのは、結婚し出産、育児というブランクがあっても就職しやすいという点です。
職場も全国各地にありますので、引っ越しとなった場合でも即対応できる資格です。

医療事務系のスキルについては資格を取得しておくことで、更新等もなく、一生利用することができます。
今医療事務系の仕事に就くことはない、はたらくことがないという時こそ、この資格を取得しておくことで、将来に役だつ資格となるのです。

出産してからも就職できる有利な資格

出産して育児中ということになると働くとしてもフルタイムではなくアルバイト、パートということで働くことを選択される方もいると思いますが、その場合でも、医療事務系の仕事はたくさんあります。

この先、フルタイムの就職はしないかもしれないけど、家庭と両立ができるアルバイトなどならするかもしれないという時、医療事務系の資格を持っていると非常に役立ちます。

将来のために、ということで、産休や妊娠中にこの資格を取得される女性も多いといいますので、今資格取得ができるということならチャレンジしておくといいでしょう。

医療という分野だからにニーズにも安定がある

これか高齢化がますます広がっていく中、どの地域でも医療関連の仕事というのは非常にニーズが高くなっています。
景気がいい時でも悪い時でも、仕事があるというのがこの医療事務系の仕事の特徴です。

また、医療事務という仕事は女性には人気の仕事の一つでもあるため、自分に合った就職先を見つけるためには、経験などで他の人との差別化を図りましょう。

例えば、歯科医院での医療事務の仕事がありますが、歯科医院の場合はほとんどが歯科開業が中心の個人経営となります。
>>歯科開業のインサイト|歯科開業の現状について

そのため、開業したばかりの医院ですと人件費を割くために、それなりに経験を積んだ人を採用するという傾向があるのです。
そういった部分を含め、年齢にも左右されないという仕事なので、安定性があり人気です。

他にも、正社員登用もありますし、自分が働ける時間内で働くということもできるので、自分の条件に合わせて無理なく働けるということも、この仕事の特徴です。