パソコン操作に慣れているビジネスマン

業務に活かせる「マイクロソフト ・オフィス・スペシャリスト(MOS)資格」の特徴

マイクロソフト ・オフィス・スペシャリスト(MOS)資格とは

通常MOSと呼ばれるマイクロソフト ・オフィス・スペシャリストの資格とは、wordやExcelを開発・運営しているマイクロソフトが公式に発表しているスキルの証明資格です。

どれだけの操作ができて、どれだけ利用できるのか客観的にスキルを証明できます。
会社でよく使われるword・Excel・PowerPoint・Access・Outlookの5種類があり、それぞれ一般と上級のレベルで受験が可能です。

会議の議事録を作成したり、営業資料を作成したりと、会社に勤めると誰でも触れるであろうソフトのスキル証明のため、取得するとさまざまなメリットを得られます。

取得するメリット

パソコン操作が得意ですと伝えられても、どれくらい操作ができるのか判断がつきにくいものです。ですが、MOSの資格を取得していると、最低限のできるラインがはっきりしているため、仕事を振りやすくなります。任せてもらえる仕事が増えると、評価に繋がり年収アップが期待できるかもしれません。

世界的に認められている国家資格であるぶん、MOSは自己アピールに最適な資格です。実用的な能力を証明できるため、さまざまな場面で活用できます。現在在籍している会社だけでなく、転職をする際も取得していると有利になること間違いなし。

即戦力として採用してくれる可能性が上がるため、スキルアップを目指して転職を考えている方にとって、取得して損はない資格でしょう。

試験の対策方法

資格取得の対策は、おおきく分けて2つあります。

1.独学で勉強する

対策テキストや問題集は、書籍で販売されています。過去問は公開されていないのですが、実際の問題形式に近い形で予想問題が載っているため、出題範囲や回答方法を事前に把握しておくと、独学でも十分に対策を取ることができます。

しかし、問われている意味が分からないと、誤った理解のまま検討違いな勉強をしてしまうことも…。問われていることを正しく理解して、適切な方法で学ぶ必要があります。

2.講座を受講する

独学での勉強に自信がない方は、外部で行なわれている講座に参加すると良いでしょう。資格対策の講座は、パソコン教室や貸し会議室を借りて行われています。通える範囲で対策講座が実施されていないか、チェックしてみることをおすすめします。
短期で開催されていることもあるので、見落としがないよう細かく講座検索を行なってみてください。