今人気な「食生活アドバイザー」について考えてみる

食生活アドバイザーの仕事、実は幅広い

ちょっと聞きなれない仕事ですが、最近食生活アドバイザーという仕事に注目が集まっています。
この食生活アドバイザーという仕事は、食に関する幅広い知識を持って、食について適切なアドバイスを送る、生活の中のサポート業務です。

食に関してはいま、食育ということに関しても問題となっていることがありますし、子どもさんたちが朝食を食べずに学校に来るなど、現代の食事事情に関してたくさんの問題が出てきています。

こうした食について問題を解決すること、また食の安全や健康志向による安全な食材選びなどについて専門的知識をもっている資格者です。

おいしくてでもバランスがよく生活習慣病などになりにくいメニューや食材の紹介など、健康に暮らすということについても深い知識を持つことができるので、仕事に役立つのと同時に、家族の健康を守るという面でも非常に魅力ある資格でしょう。

活躍の場はかなり広い

食に関して専門知識を持っているということで、家庭内ではもちろんのこと、介護、飲食魚介、福祉、販売、さらに生産や流通、学校などでも活躍できる資格です。
資格を取得することで、その深い知識を持っているということを証明できますので、食に関係する職場に就職したいという時、非常に役立つ資格煮になると思います。

また食品関係の業界や卸売、などの企業にとっても、非常に注目されている資格で、現在働いている従業員の方々に、食生活アドバイザーの受験を勧めているという企業もあります。

こうした場合、資格取得後、昇給や昇格という可能性もあるので、スキルアップという面においても、非常に優れた資格となります。

営業先などでも専門的知識を活かせる

食に関して深い知識を持っている資格者ということになると、取引先でプレゼンする時など、信頼度がアップします。
お客さんから質問が来た時にも深い食の知識からアドバイス、質問に解凍することができるので、営業という中でも活かせる資格です。

信頼度が高くなるということは企業にとっても大きなプラスとなる事です。
食生活アドバイザーは仕事を退職されてからも、家庭の中で活かすことができ、一生利用できる資格といえます。