東京で女性の一人暮らしにおすすめの街のまとめ!

はじめての東京ひとり暮らし

東京でひとり暮らしを始めたいと思っている女性たちに、どの街が生活し易いのか、日用品などの買い物が便利なのか、治安など仕事帰りの夜道も安心して歩くことができるのかを紹介させていただきます。

物件探しで気になる家賃の相場

女性のひとり暮らしならば、できればセキュリティも万全のワンルームマンションなどがおすすめです。
都内の平均家賃は、6万円~25万円程度とも言われていますが高値であれば、都心部で交通の便が良い中央区・品川区・文京区あたりです。
銀座や新宿まで30分以上かかってもいいのであれば、葛飾区・足立区・板橋区・練馬区あたりには多くの物件が出揃っていますし、江戸川区ならば都営新宿線が走行しているので乗り換えなしで便利だと言えます。

実際に家賃が高いのが山手線の円内と言われていて文京区はまさにその中にすっぽりと入っているので財閥など資産家の屋敷が多いのも特徴です。
また、近年では品川駅・渋谷駅・勝どき駅周辺に高層マンションが建ち並び地価が高騰しているので、セキュリティ万全のマンションに住むことが可能です。

女性のひとり暮らしは、家賃の値段よりも治安が大事

東京を含む近郊で育ってきた人であれば、どこが安全でどこが危ないエリアなのかを知っているとはおもいますが、地方から上京した人にとっては憧れている街が必ずしもいい街とは限らないという点に気をつけるべきです。
家賃の支払いを低く抑えてしまうと、何で女性なのにそんな場所に住んでいるのと言われてしまうことも多くあります。

ニュースなどでも取り上げられる凶悪事件は、家賃が安いエリアに集中していますし町全体が、その道の職業の人たちだというエリアもあります。
治安の悪い区として紹介されているエリアには住むべきではありません。

交通の便が良くて、飲食店もありオシャレな街はどこ?

女性のひとり暮らしならば、家族で住んでいる人が多くて子供たちもよく見かける街や学校がある文京区駒込~本郷あたり・品川駅周辺も安心して生活できます。
古くからの財閥などの家もあり、静かな中にも安心して生活できる基盤の飲食店や商店街にスーパーもあります。
新宿や東京駅などにも交通機関で10分~30分ほどで行けますし、もしも終電を逃してもタクシー代が気にならない金額です。

このほかにも若者に大人気のオシャレな街、中目黒・代官山・自由が丘・恵比寿あたりならば、女性でひとり暮らしをしている人が多いですし、住宅街なので買い物にも困りません。
また、交通機関も電車にバスと走行していますし、一歩奥に入ればとても静かな高級住宅街ですからスタイリッシュな女性向けの穴場だと言えますし、実際に20代半ばから30代までの女性に選ばれているエリアです。

東京でのひとり暮らしに憧れを抱いている女性も多いと思います。
選ぶ際のポイントで重要なのは、家賃の安さで選ばないこと・どういう人たちが住んでいる街なのか調査すること・24時間眠らないような繁華街でないことを覚えておくといいです。